シャンプーのヘアケア

シャンプーのヘアケアには

乾燥したらヘアケアを変えよう

髪の毛が乾燥してパサつく、その原因は髪の表面のキューティクルが剥がれ落ちてしまうことにあります。キューティクルによってうるおいが守られているので、乾燥してしまうのは当然です。毎日ヘアアイロンやコテを使ったり、ヘアカラーなどでもキューティクルは剥がれ落ちてしまいます。その場合、合わないシャンプーを使うなど間違ったヘアケアによって症状が進行してしまいますので、自分に合ったヘアケアをすることが大事になってきます。うるおいを保つ成分にもシアバターやホホバオイル、ツバキオイルやオリーブオイルのサラサラしたものなど種類が豊富ですので、季節で変えることもできます。

髪の乾燥を防ぐケアについて

ヘアケアを行う上で感じる髪の悩みとして、乾燥を上げる方は多い傾向にあります。特にパーマやカラーリングを行っている女性に髪の渇きを感じる方は多く、トリートメントや髪の美容液を使ったケアで髪のパサつきをおさる方法が人気です。髪がパサついていると艶が失われ、髪が美しく見えないうえにスタイリングもしづらく、もちも悪くなります。髪を保湿ケアすることでスタイリングもしやすくなりますし、見た目にもつややかで健康的な美しい髪を保つことができます。ヘアケアを行う上で髪の乾燥を防ぐことは重要と考えられており、シャンプーやトリートメントパサつきを防ぐタイプが人気です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; フケになるのは乾燥のせい? All rights reserved