ドライヤーのヘアケア

ドライヤーのヘアケアには

乾燥させるのもヘアケアの一環

髪の毛を洗った後は、自然に乾かす方がいいのか、ドライヤーで乾かす方がいいのか悩んでしまいます。今日はどちらの方法で髪の毛を乾かした方がいいのかを詳しくお話していきます。まず、自然に乾かすという方法は、手間がかからないなど簡単そうです。しかし、自然に乾かした場合、雑菌が繁殖してしまい、ニオイやかゆみの原因となります。パーマやヘアカラーのもちが短くなってしまいます。髪の毛が痛みやすくなってしまう等があり、自然乾燥はおすすめできません。髪の毛はドライヤーを使って完全に乾かす方が、痛みも少なく、ヘアケアをしたような艶やかな髪の毛に仕上げることができるのです。ヘアケアの一環としてやってみることをおすすめします。

髪の毛の乾燥をケアするには

髪の毛が乾燥する原因は、キューティクルがめくれたり、剥がれることがあげられます。キューティクルがはがれたり、隙間ができると、髪内部の栄養と水分が失われ、乾燥しやすくなってしまうのです。そんなお悩みにおすすめのヘアケア方法は、ドライヤーで髪の毛を乾かす際に、スカルプケアの機能を使うことです。また、シャンプーを地肌で泡立てると摩擦が置き、髪をいためてしまうので、よく泡立ててから洗髪するようにしましょう。ヘアケア用のオイルを、髪の毛を洗った後に少量馴染ませ、髪の毛を保護するのもおすすめです。栄養が髪の毛に届くよう、お風呂でゆっくりあたたまり、血行を良くするのもおすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; フケになるのは乾燥のせい? All rights reserved